スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【京大】漢検体験記

 2008-07-31
「京大生のためのコミュニティサイト」というところで漢検の話題を見つけ、つい読んでしまいました。京大生でも準一級に苦戦しているようで、なんか安心したというかなんというか(笑)。

2年ほど前の書き込みですが、ご参考にどうぞっ。
↓こちらです↓
http://www.kyoto-u.com/lounge/hobby/html/200605/06050004.html

HOMEに戻る

スポンサーサイト

信州大学民あつまれ。

 2008-07-31


母校です。
卒業して・・・9年ほど経ちました。
ここ1年ほど、急にたくさんの同窓会会報が届き出して。
しかし、こういう"会報"ってのは・・・中身がかたくて読むのにパワーが必要というかなんというか。
写真が少なくて字が多い多い。
信州大学経済学部といえば、「生協の白石さん」の出身校。
もっと親しみやすい会報になればい・い・なー、と言ってみたりして。

今年は学部創立30周年記念行事があるそうです。
キャンパスのある松本にも、卒業以来一度も行っていません。
大学って、いわば第二のふるさとでもありますよね。
みんな元気かしら。

HOMEに戻る



「出家」の対義語は?

 2008-07-30
こんばんは。
りんかい線で、電車発車直後にドア全開のトラブルだそうです。
ひえー。
私は電車内ではドアにべったり寄りかかるタイプなので、これ乗ってたら・・・。


今日は対義語・類義語です。
ひらがなを漢字に直して熟語を完成させてください。
(※平成17年度第3回過去問)

(対義語)
1. 進取 ⇔ たいえい
2. 明瞭 ⇔ もこ
3. 出家 ⇔ げんぞく
4. 軽侮 ⇔ いけい
5. 諫言 ⇔ ついしょう

(類義語)
6. 激浪 = どとう
7. 遭遇 = ほうちゃく
8. 索莫 = こうりょう
9. 道楽 = ほうとう
10. 衰微 = ちょうらく

-------------------------------------------------
答え
1.退嬰  2.模糊  3.還俗  4.畏敬  5.追従

6.怒濤  7.逢着(逢著) 8.荒涼(荒寥) 9.放蕩 

10.凋落(彫落)



HOMEに戻る

漢検志願者の年齢層別割合

 2008-07-28
時々ふと思うんですが、「漢字検定合格クラブ」のみなさまって・・・男女比率ってどのくらいなんでしょう。そして、年齢はどの年代がいちばん多いんでしょう。
ま、「姉」というだけあって、私より年上の方はあまりいらっしゃらないという自覚はあります。
なんか・・・年寄り臭い記事とかあったらすんません。


過去問題集に付いていたデータを見てみました。

漢検準1級志願者の年齢層別割合※平成19年度第1回
(志願者7653人)
7 ~12才  0.30%
13~15才  3.27%
16~18才 13.94%
19~22才 31.52%
23~30才 16.37%

31~40才 11.42%
41~50才 10.66%
51~60才  6.39%

という感じで。 
・・・7~12才って。小学生が「懸頭刺股」とか覚えるんだろうか。すごい。
けっこう、学校の先生とかも受けてたりするんでしょうか。

ついでに、1級です。
漢検1級志願者の年齢層別割合※平成19年度第1回
(志願者1696人)
7 ~12才  0.12%
13~15才  2.24%
16~18才  7.96%
19~22才 19.40%
23~30才 15.33%
31~40才 11.97%
41~50才 11.08%
51~60才 11.26%
61才以上 20.64%

ちなみに、受験者数が最も多いのは3級だそうです。


HOMEに戻る


身から出た錆。

 2008-07-28
こんにちは。我が家はまだブラウン管テレビの三蔵です。

問題です。
アナログテレビ放送は(   )年(   )月(   )日までに終了し、
デジタルテレビ放送に移行する。
(答えは下です)


身から出た(さび)

正直言って、中崎タツヤの漫画「身から出た鯖(さば)」のことしか連想しません。
ついでに、「鯖」も準1級範囲だったような。
意味は、「自分自身で犯した悪行が原因で、自ら苦しむこと」
類語として、「自業自得」「因果応報」が挙げられます。
※平成20年度6月度検定にて出題されました。

----------------------------------------------------------
 16画
【音】ショウ・セイ
【訓】さび・さび(る)

----------------------------------------------------------
問題のこたえ:2011年7月24日

HOMEに戻る

漢検準1級練習問題 表外読み(20年度過去問より)

 2008-07-27
20年度6月実施の問題より、表外読みです。
次の漢字の表外の読みをお答えください。


1.め御連絡申し上げます。

2.昨年娘を亡った。

3.かに夢路をたどる。

4.宿敵と戦場でえる。

5.道楽息子のことを友人にす。

6.しらな振る舞いに眉をひそめる。

7.古文書りに血道をあげる。

8.霊前に恭しくずく。

9.間髪を容れず二の矢をえる。

10.世の泰平を寿いだ。


------------------------------------------------------
答え
1.あらかじ(め)  2.まな  3.まど(か)  4.まみ(える)  5.こぼ(す)
6.さか(しら)  7.あさ(り)  8.ぬか(ずく)  9.つが(える)  10.ことほ(いだ)


HOMEに戻る


「社会人の漢検」。

 2008-07-27
こんにちは、三蔵です。
「Yahoo!みんなの検定」で、漢検練習になるページを見つけました。ずばり、「社会人の漢検」。レベル的には2級以上となってるようです。やってみたところ、8割くらいの出来でした。割といいところを衝いてくれるなぁという感じ。
http://minna.cert.yahoo.co.jp/byokj

時間があったらチャレンジしてみてください。

HOMEに戻る


段取り力検定。

 2008-07-27
         
漢検情報を探している途中、面白そうな検定を見つけました。段取り力検定。段取りは・・・大切です。同時にいくつものをことをこなさなくてはならない場面で差が付くのは、段取りがバッチリかどうか。所謂、仕事がデキる人ってのは段取りが良く、結果、要領が良い。
うーん。この絵に惹かれて受けちゃいそうだ。
詳細はhttp://www.pwa.ne.jp/にて。

HOMEに戻る

漢検2級 四字熟語「六根清浄」

 2008-07-26
こんにちは、三蔵です。
1泊2日で富士登山してきました。
ほんとにハードでグロッキーだったんですが、ビリーズブートキャンプで鍛えた足腰とスポーツ用スパッツのおかげでダメージが少なかった気が。
何事も、装備や準備をシッカリしておけば何とかなるものなのかと。

家に帰ると漢検の合格証書が届いてまして。
あの、「準1級に合格すると日本語教育研究所の客員研究員になるための書類が一緒に送られてくる」ってきいたことがあって興味津々だったんですが。
そんなの入ってませんでした。
以前、その真偽を日本語教育研究所に問い合わせたら「漢検協会に聞いてくれ」とのことだったので漢検協会にメールで問い合わせたところ、返事なし。無視。
おいおいー、お客様からの問い合わせに対応できないってなんなの?協会ってエライの?
いや、エライのはこうしてコツコツ勉強している我々の方です。ぜったい。


六根清浄(ろっこんしょうじょう)
これは、泊まった山小屋に飾ってあった言葉です。
富士登山をはじめ、"信仰的な登山のときなどに唱える言葉"、とのこと。
意味は、「欲や迷いから抜け出て、心身が清らかになること」。
「六根」とは、目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官で、「清浄」は煩悩や私欲がなくて清らかな様子。これは2級範囲の四字熟語です。

    
   8合目での景色。空と雲と太陽だけの世界。すばらしい。


HOMEに戻る

漢検準1級 合格体験記

 2008-07-24
【漢検準1級 合格体験記】
2008年6月度 175点(たぶん)で合格 


受検動機→仕事柄、語彙力強化のため。
勉強期間→2008年3、4、6月(5月はGWからグダグダで0時間)
勉強時間→全部で90時間程度
使用参考書→下記参照
事前情報→ 標準勉強時間は80~100時間以上だとか、5回受けても合格しない
        人もいるとか聞いたので、かなりビビリました。
 

以下、出題分野別に感想を綴ります。
※詳細の結果が送られてきたら、もう少し詳しく書きます。


【表外読み】
2級までには出題されなかった「表外読み」が、準1級では登場します。表外の「表」って何だよ、という感じですが、これは「常用漢字表に載っていない、 常用漢字の読み方」のことです。漢字自体は簡単なものばかりですが、読み方がひねくれてるものが多いというか。
例)
縦にする → ほしいままにする
熟す → こなす ・・・など。

雑学感満載で、逆に興味が湧きました。これは楽しい。準1級勉強は表外読みからのスタートでした。ただし、これだという出題範囲はないので、問題集に出てきたものだけをしっかり覚えておきました。


【四字熟語】
勉強スタート時、知ってる四字熟語は1割あったかどうか。しかし、2級受験時に四字熟語で足を引っ張られた思い出があるので今回は目指せ10点満点で。
四字熟語の理解には、漢検四字熟語辞典がおすすめです。意味や出典もさることながら、書き誤りやすい字や読み誤りやすいパターンについても解説があるので、テスト向き。
四字熟語を勉強して思ったのは、四字熟語が分解されて読み問題、書き問題、故事成語などにも出題されることが多く、あー全部繋がってるんだなと。
四字熟語を知っているからこそできる読み書きもあるので、覚えられるだけ覚えておいたほうがいいと思います。
ちなみに私が覚えた四字熟語は、
?問題集に出題されたもの
?過去5年分の過去問に出題されたもの
?本試験型問題集(成美堂)の巻末についてる一覧表のもの
を、まるごとです。正直、やりすぎかも。よっぽどリベンジしたかったということで。



【対義語・類義語】
これは、涙涙で乗り切りました。
最初の出会いは高橋書店の問題集だったのですが、はっきりいって苦痛でした。もともと対義語・類義語という分野が苦手なようで、それに加えて漢字も難しいものが多かったので、正直、途中で止まりました。それほど。コツは、とにかく問題をこなして慣れることです。他の分野もそうですが、やっていくうちに何度も出てくる言葉があるのでちゃんと覚えます。その点で、高橋書店の「頻出度順」は何度もしつこく出題してくれるので助かりました。



【熟語と一字訓の読み】
試験ギリギリまで完璧にできなかった分野です。
読み問題・書き問題のように文章で出題されるわけじゃないので、「文脈から推理する」こともできず、ずばり覚えておくのみだと思います。
何度も忘れてしまう字は、自分で文章を考えてイメージで覚えるようにしました。


【誤字訂正】
これは、読み問題・書き問題をしっかりやっていればその流れでできる問題だと思います。特別な対策はなく、問題集をこなすのみでした。


【共通する漢字】
他の分野以上に、語彙力を試される問題です。決して漢字自体は難しくないけれど、求められてる言葉自体のレベルは高いと思いました。さらに、問題集のレベルと実際の過去問で、ずいぶん難易度が違うな、と。過去問の方が難しく感じました。
過去問を解く中で1問も出来てない回もあったので、この10点は捨てようと思い、他を頑張ってました。・・・が、結果的には満点が取れて。ラッキーだっただけです。
あまり過去問や練習問題が役に立つということもなかったような。
普段から新聞や硬派な書物に触れて語彙力を増やしておく、ということでしょうか。



【故事・ことわざ】これも、問題集&過去問に出てきたものだけをやっておきました。
読み問題・書き問題と共通するものも多かったので、特別な対策はしませんでした。


【文章題】
これは、正直なところ「何がくるか分からない」という感じで。はじめのうちは時間があったので古文でも読んでおくかと思いましたが、結局それもせず。
読み・書き・表外読みがビシバシ出されますね。中には表外読みの漢字を書かせるものもあったりで、勘弁してよって思いました。
ただ、文脈から推理することができるので、読み・書き分野の練習をたくさんした場合は推理力が発揮できるのではないでしょうか。
古文で出題された場合、文章が読みにくいだけにパニックになりますが、求められてる漢字自体は読み・書き・表外と同じものです。落ち着いて取り掛かるとよいと思います。


【試験当日】
制限時間60分のうち、30分で修了
その後、ゆっくり見直しと解答の書き写しなどしていたのですが、くやしいことがひとつ。

難しい漢字ばかりを書いていたので、2級レベルの字を迷うことがあります。後遺症というかね。例えば、「切磋琢磨」が書けなかったり、「実践」を「実戦」だったり。試験では、「旺盛」を「旺勢」と書いてしまい間違いに気づかないなど、ホントしょうもないミスでした。
知ってるはずの漢字に足を掬われないよう、注意してください。


※詳細の結果が送られてきたら、もう少し詳しく書きます。

★使用問題集★
いろんなサイトで体験談を検索し、評価の高いものだけを使いました!

1.漢字検定準1級試験問題集 2009年版 (2009) (本試験型)
 ・・・最新の出題形式に対応しています。18回分の練習問題が収録されていて、点数も付けられるので実力がはっきり分かります。

2.漢字検定準1級頻出度順問題集
 ・・・「許容漢字」の一覧が載っているのはこの問題集だけでした。
   最新の出題形式に対応していないので、これ1冊だけでは不足。掲載問題のレベルは、いちばんやさしいような。まずはこれで基礎をつくって、徐々に他の問題集でレベルを上げていくのが良いかも知れません。

3.完全征服「漢検」準1級
 ・・・本家が出してるくせに、最新の出題形式に対応していなくてホントだめ。毎年改訂しろよ、て感じ。でもやはりオフィシャルテキストだと思うのでやっておいた方がいいのかな的に使用しました。長さの単位や六十干支が掲載されています。

4.漢検過去問題集1級/準1級 平成20年度版 (2008)
 ・・・過去問は3年分程度で十分、と聞きましたが、不安だったので5年分も購入。
    まぁ、3年分も入手すれば十分だと思います。
    準1級は1級と抱き合わせになってまして。
    過去問くらい公式サイトでダウンロードできるようにしてほしいです。
   ちなみに漢検公式サイトに掲載されてる過去問例は9年くらい前のもの。なんだかな。


HOMEに戻る


漢検準1級 四字熟語「梁上君子」

 2008-07-22
こんにちは。
連休はいかがお過ごしでしたか。というより学生の方は夏休みですね。
良い思い出をたくさん作ってくださいね。

梁上君子(りょうじょうの くんし)

「梁上君子」とは、泥棒のことです。なんか、かっこよく聞こえますよね。

故事を紹介:
中国、後漢のチンショクという人は、ある夜天井の梁(はり)の上に泥棒がひそんでいるのに気づき、子供を起こして「人は努力して学ばなければいけない。悪人だってはじめから悪人ではなく、ただ悪い習慣が身につくのだ。あの梁の上の紳士もそうだ」と戒めたところ、泥棒は降りてきて改心したという故事です。

転じて鼠の異名でもあります。

(故事引用:漢検四字熟語辞典より)

-----------------------------------------------------------
 11画
【音】リョウ
【訓】はり、うつばり、はし、やな



HOMEに戻る


漢検準1級 四字熟語ダウンロード版

 2008-07-17
次回検定まであと100日ですね。
次回初めて受ける方、前回の雪辱を果たす方、いろいろかと思います。

この時期から漢字検定合格クラブをご覧の方は、かなり早めの準備をされているのではないでしょうか。早くて損することはありません。がんばってください。
そんなあなたには、ぜったい合格していただきたい!
そんな思いを込めて、四字熟語チェックシートをなななんと!ダウンロード用に作りましたので
ご活用くださいませ。

シート解説
★ここに掲載されている四字熟語(379語)は、以下のものをほぼ網羅しています。
  ・過去問15回分(平成15年~19年)
  ・私が準1級勉強に使用した参考書に出題されたもの
  ・本試験型(成美堂)の巻末についている四字熟語一覧表。
★四字熟語を覚える際は、辞典などで意味も調べてください。
★これじゃ足りん!もっと知りたくて死にそう!という方は、漢検四字熟語辞典をご覧ください。

使用上の注意
★印刷はA4横方向をおすすめします。
★極力旧字体で入力してありますが、許容字体のものもあります。
★漢字や読み方の正解が複数ある四字熟語がありますが、ここでは漢検漢字辞典でメインに記載されている漢字&読み方で掲載しています。
★この一覧から始めると気が滅入るので、自分で問題集で知識を得てからのチェックとしてお使いください。

私は四字熟語で満点を取りたかったので、受験時にはこの一覧のすべて・・・いや、90%くらいを記憶しときました。


↓こちらです↓
◆漢検準1級 四字熟語データ 1
◆漢検準1級 四字熟語データ 2
◆漢検準1級 四字熟語データ 3
◆漢検準1級 四字熟語データ 4
◆漢検準1級 四字熟語データ 5
◆漢検準1級 四字熟語データ 6
◆漢検準1級 四字熟語データ 7

【エクセルデータ配布中】
自分用にもっと加工したいんだけど・・・という方は、メールフォームからご連絡ください。
エクセルデータをお送りします。


HOMEに戻る

漢検準1級 「俺」

 2008-07-16
こんにちは。
常用漢字の見直しの話題が続いていますね。
とくに漢検2級を受ける方にとっては、あまりたくさん増やさないでくれよ、という感じでしょうか。常用漢字が増えれば2級のカバー範囲も増えます。

何をもめているかというと、「俺」という漢字を常用にするかしないかということ。
なんつーか・・・「俺」という言葉が下品だから子供に教えたくない漢字らしいです。「俺」ってすでに常用かと思っていたので、準1級で登場したときはビックリしました。
でも、明らかに今後も知れ渡る言葉ですし、普段口にしている言葉は書けた方がいいかと。

そして、「鬱」が常用になりそうとか。
「欝」は、珍しい字なので3回くらい書けば覚えます。
私にとっては「勤める」「努める」「勉める」の活用の方が苦手なくらい。

どんな決着になろうとも、漢字検定合格クラブのみなさまにとっては、「へのかっぱ」ってところだろうと思います。

ウワサの「俺」より。

(おれ)とお前の仲だ。

いい言葉ですね。「お前のものは俺のもの。」はジャイアンです。
準1級範囲ですが、練習問題にもあまり登場してこなかったような。

同じ音読みをする漢字で
奄(エン) 掩(エン) がありますが、こちらの方が熟語で登場しやすいです。

気息奄奄(きそく えんえん) ・・・息が今にも途絶えてしまいそうな様子

掩蓋(えんがい) ・・・おおい。敵の弾を防ぐために塹壕の上をおおうもの。

といったところです。

---------------------------------------------------------
 10画
【音】エン
【訓】おれ


HOMEに戻る

漢検合否サービス。合格してました!

 2008-07-15
今日の10時から、漢検合否サービスが始まりました。
ということで、アクセス!



おおお!よかった。

ひとまずご報告です。
心機一転、明日からまた、1日1語紹介をしていきます!


HOMEに戻る

漢検準1級練習問題 故事・諺

 2008-07-13
熟語の読みがなかなか覚えられないとき:
知人の名前の漢字があったりすると、その人をイメージして強引に読みを覚えたりしてました。

諏る→はかる
の読みが覚えられず、昔のクラスメートだった諏訪さんを引っ張り出し、
訪さんが脱走をはかる」、とか。
べつに諏訪さんはどこにも捕まってないけど。

※ちなみに・・・
諏る → 集まって相談する、意見を求める、という意味です。

ではさっそく、問題です!
次の故事・諺について、カタカナ部分を漢字にしてください。
※平成19年度第1回の過去問より!

1.泥中のハチス

2.昔とったキネヅカ

3.ルリの光も磨きがら

4.元のサヤにおさまる

5.センダンは双葉より芳し

6.朝にコウガンありて夕べに白骨となる

7.大道すたれてジンギあり

8.白駒のゲキを過ぐるが若し

9.ジュシともに謀るに足らず

10.富貴も淫する能わず、ヒンセンも移す能わず


------------------------------------------------------
答え
1.蓮  2.杵柄  3.瑠璃(琉璃) 4.鞘  5.栴檀
6.紅顔  7.仁義  8.隙  9.竪子  10.貧賤



HOMEに戻る


漢検準1級 「洞ヶ峠を決め込む」

 2008-07-08
G8サミット開催中。
札幌市内でもデモ行進、なんてニュースがありますが。五輪聖火の長野といい、緊張する出来事が多いですね。道内の方、危険に巻き込まれないように気をつけてください。

洞爺湖(とうやこ)

こんなの読めるよ!って感じですか。今日はサミット記念です。

洞爺湖という言葉は、“湖の岸”を意味するアイヌ言葉「トー・ヤ」が湖名とされたそうです。「洞」は2級範囲の漢字ですが、準1級でも「洞ヶ峠(ほらがとうげ)を決め込む」という故事で出題されます。同じく準1級では法螺(ホラ)という言葉もあるので、回答するときは注意して、問題に即した言葉を書いてください。
私はしょっちゅう「法螺ヶ峠」と書いてしまってました。

洞ヶ峠を決め込む
→ 形成を傍観して、有利な方につこうとする日和見的な態度のこと。
   明智光秀と豊臣秀吉が争ったときのエピソードから来ています。

年に1度、北海道へ行きます。
去年はまさにウィンザーホテルへ宿泊。立地もサービスも素晴らしいホテルです。

------------------------------------------------------------
 9画
【音】ドウ 【表外音】トウ
【訓】ほら 【表外訓】うろ

 13画
【音】ヤ
【訓】じじ


HOMEに戻る


漢検情報(合格体験記を参考に!)

 2008-07-04
最新情報というわけではありませんが・・・

漢検公式サイトに、各級合格者の合格体験記が掲載されています。
http://www.kanken.or.jp/goukaku/index.html

これから上の級を目指す方は、ご参考にされるとよいかもしれません。
「この問題集を使って何日間やった!」という具体的な体験談ではありませんが、モチベーション維持のためになるかと。
1級のページには、あの「カリスマ漢検親子」、笠間さん親子の体験談もあります。

HOMEに戻る

漢検準1級 「曝書」

 2008-07-04
暑い。

今日は午前中、勉強環境を求めて市の図書館へ行って来ました。

曝書(ばくしょ)のため、図書館を休館にする

曝書とは、「本をさらす」、湿気で本が劣化しないように“虫干し”することです。
昔の本は現在ほど紙質がよくないため、劣化しやすかったよう。
最近では、本の棚卸し(在庫確認)の意味で使われることが多いです。

準1級に登場する言葉は、普段聞きなれない言葉が多く、意味を覚えるのに苦労します。次回検定は10月で、まだ時間があります。余裕のある方は、準1級範囲の漢字が多く登場する本を読んでみてはいかがでしょう。
最近、「華麗なる一族」を読んでるのですが、試験範囲の言葉がたくさん出てくるので、復習になります。「曾(かつ)ての自民党の領袖(りょうしゅう)」、爾来(じらい)、波濤(はとう)、飛沫(しぶき)、妾宅(しょうたく)、疎ら(まばら)、蕃族(ばんぞく)、などなど、文章題に登場してもおかしくない本です。
旧字体、表外読み盛りだくさん。・・・テスト前に読んどくんだった。

これは昭和50年代の本。
その頃かそれ以前、最近のものでも割と硬派な内容の小説など読むと、かなり字の勉強になるかと思います。

HOMEに戻る



次回漢検の申込受付がはじまりました。

 2008-07-01
こんばんは、三蔵です。

今日から7月ですね~。
「7月になったらやろう」と延ばし延ばしにしてきたことがけっこうあるのに、今日は何もしませんでした。あしたから。ね。

さて、先日の漢検ですが、ネットでの合否サービスは7月15日午前10時からできるそうです。

そして。次回漢検情報。

(※個人受検)
【実施日】2008年10月26日(日)
【申込期間】 2008年7月1日(火)~9月24日(水)

私は直近に別の試験があるので、次回漢検は受けない予定でいます。
次回受検される方、また漢字情報を載せますのでお立ち寄りくださいませ。


HOMEに戻る

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
漢字学習に役立つサイト
リンク!
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。