スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

兵法・法術を知って賢く生きる。「孫子・韓非子の思想」

 2008-08-02
先人の教えを学んで賢く生きたい、という方へ。
夏の読書1冊。

今日はマンガの紹介です。
「マンガ 孫子・韓非子の思想」(野末陳平監修/720円)


    
    癒し系イラスト。でも言ってることはさすがに高度。


漢検対策の四字熟語、ま、「とりあえず暗記できればいいかな」的にやたら覚えたわけですが、中には意味を知って「なるほどね~」と思う故事もあったりします。そんな「なるほど」な教えをもっと知って自分の生活の教訓としたいわ、という方におすすめ。

この本では、孫武による兵法書「孫子」の兵法と戦国時代の思想家韓非(かんぴ)の説く法術について、マンガで分かりやすく理解できるようになっています。

韓非は、性悪説(人間の本性は悪である、という考え)に基づいた法術を説くため、けっこう厳しい印象があります。
四字熟語としては、
・象箸玉杯
・守株待兔
・長袖善舞
・信賞必罰
 などが登場。

印象深かったのは、
・利益が転がっていれば、人はどんなものにたいしても奮い立つ
・勝負を決めるのは入手する情報量にかかっている
・何か裏があると気づいたら、そのことで得をするのが誰か考えよ。そいつが首謀者。


なるほど。確と心得ました。
でもさすがに、マンガでも内容は難しいものが多いっす。


マンガ 孫子・韓非子の思想 (講談社プラスアルファ文庫)
マンガ 孫子・韓非子の思想 (講談社プラスアルファ文庫)和田 武司

講談社 1995-06
売り上げランキング : 55455
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


HOMEに戻る

スポンサーサイト

漢検お役立ち本 リストA

 2008-03-14
                     三度のメシより漢字が好き!


すごいタイトルですね、漢字への愛が十分すぎるくらいあふれてます

TVチャンピオン漢字王選手権連覇の「笠間友季惠・鏡代」親子の共著。鏡代さんは、なななんと中学1年生にして漢検1級を取得。いったいどんな勉強をしてるの?の答えがココにぎっしり書いてあります。

自宅の写真がいくつか掲載されてます。すごいです。壁や天井は漢字や熟語を書いた紙でビッシリ、冷蔵庫を開ければ食品名を漢字で書いたメモがペタリ(甘藍→キャベツ、とか)、壁の世界地図には国名をすべて漢字で書いてペタリ(威内瑞拉→ベネズエラ、とか)。
もはや三度のメシどころでなく、親子にとって漢字は酸素です。

意外だったのは、「問題集の使い方。」
私はまず「答えを見ないで」書き込み、できないところを確認する方法で勉強してました。でも親子はまず「答えを見て」書く。しかも5センチ四方の大きいマスにガンガン書き込み、手で漢字を覚えます。テスト形式でやるのは本番前数日間。なるほど。スポーツでも仕事でも、体で覚えると忘れにくいって聞きますよね。

他にも、TVチャンピオン出場時のエピソードや親子ならではの勉強ライフ、手作りプリントの紹介など、「学びにはかならず“遊び”が必要」というモットーがあふれ、勉強アイデアを探している方にぴったりです。
・・・けど、やっぱ1級ってすごい世界ですね。
何よりも三度のメシを取りたい私にとってははるか遠い世界っす。






                        本当は怖ろしい漢字


・・・なんだか、「きっと来る~」って感じですね。

「七」は切腹で飛び出した腸の形
「了」は両腕を失った子どもの形
「県」は逆さにした生首の形

と、帯から飛ばしてます。

第一章 本当は怖ろしい漢字(40字)
第二章 本当は不思議な漢字(35字)
第三章 本当は奥深い漢字(35字)・・・の、110連発。

著者(小林亜星氏次男)もあとがきで述べている通り、漢字の成り立ちや意味には諸説
ありますが、本書ではおもに漢字の「陰」の部分に脚光を当てて書いてあります。
大方が古代中国の戦争、体罰、生け贄、から発生した説のため、読んでいると体が痛く
なってきます(笑)。
怖いながらもどこか前向きにさせる構成に、漢字への愛着が感じられます。

漢字の成り立ちを解説する本はどこか難しくなりがちですが、これは中国の歴史やこまかい
背景をまったく知らなくても楽しめる文章で書いてあります。レイアウトもすっきりしてますし。
漢字が好きな方、知的ホラーが好きな方、ぜひご一読を。
イラストもさりげなく大胆。





                      動植物の漢字がわかる本


こんにちは、三蔵です。

漢検準1級の勉強をしていると、たくさんの動植物の名前が登場します。
鴫(シギ)、鸚鵡(オウム)、鷲(ワシ)、などなど。
しかしどれもが覚えづらく、名前と実物が一致しないため、記憶できるまでに時間が必要。
2級のようにはいかないなぁ、と思い知らされてます。

著者は元茨城大学人文学部教授。
表紙に大きく“いかはなぜ「烏賊」と書くのか?”とあるとおり、なぜそういう字で表現されるようになったか?が細かく紹介されてます。
説明はかなり高度で、多少難しいと思うくらい。大人向けです。

たとえば、「吾亦香(われもこう)」を例にとって見ると。

バラ科の多年草。枝の先に暗紅色の花穂をつける。語源については諸説ある。一説では、中国の木香(もっこう)に対して和の木香、すなわちワモッコウがワレモコウになったという。そうすると漢字表記は吾亦香よりも吾木香の方が語源に近い。木香はバラ科の木で、和名はモッコウバラである。ワレモコウの漢名は地楡(ちゆ)。名の由来は、葉が楡(にれ)に似、生え始めのとき、地面に近いからという。中国では古くから登場する植物だが、観賞用ではなく薬用であった。

こんな調子で
動物90種/魚類120種/鳥類90種/虫60種/植物260種/果物40種
野菜・穀物60種/香辛料15種/きのこ・海草15種
が、完備。
さながら漢字辞典の動植物特化版。

欲を言えば、それぞれについて写真かイラストがあればなぁ~と。
それじゃ百科事典か。
1級レベルの漢字も多数登場。

★すぎもとまさと氏の曲名は「吾亦紅」、“紅”とも書くそうです。




                       ニッポンの名前


一家に一冊ほしい本です、これは。
タイトルに「ニッポン」とある通り、日本の衣食住に関する言葉が、絵と写真をメインに漢字・ひらがなで紹介されてます。
日本の建築、器、神社仏閣、家紋、和食材、和装、結納、などはば広~く。
なにしろ監修者には服部幸應氏、市田ひろみ氏が名を連ねてますからね、かなり詳細です。

読んで思ったのは、「日本のことって、ホント知らないな」と。
とくに冠婚葬祭って、急に参加することになっても正しい礼儀とか服装とか、迷いますもん。
昔、ある場所に「正月の鏡餅」を設置することになって。
「台の上に餅をおいて上にみかんで・・・葉っぱもどこかに置くよね・・・。」と、相当物知らずで困りました。鏡餅の置き方に自信のない方、ぜひ。

漢検抜きにして、違った景色から漢字をまなべる、とてもあたたかい1冊。
本屋さんに行ったら手に取ってみてください。





クイズで攻略する難読漢字クイズで攻略する難読漢字
(2000/01)
志田 唯史、坂梨 隆三 他

商品詳細を見る


こんにちは、三蔵です。

ずばり漢検2級以上の対策本です。
参考書に登場する漢字を、ことわざ・動植物・食品・地域名・仏教用語・国名・表外・四字熟語。。。などに分類し、「なぜこの字でこう読ませるのか」をちょっとずつ解説してあります。
各章ごとのコラムページでは漢字雑学を掲載。
たとえば「金平糖はポルトガル語のコンフェイトがもとになっているから、外来語だよ」のようにブログネタに使えそうな話がたくさん載ってます。

思うにこの本のターゲットは「通勤中のビジネスマンが電車の中で雑学を仕入れる」というとこかと。
だって、本文中の挿絵になぜか裸の女性がたくさんで意味不明

日常の空き時間にちょっと勉強したい、という方に。


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
漢字学習に役立つサイト
リンク!
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。