スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

異名。

 2009-03-01
こんばんは、三蔵です。

images.jpg

虫歯になりました。
うだうだ気づかぬフリをしてましたが、明日歯医者へ。
行きたくないよねー。


先日、「弱冠」は二十歳の異名、と言いましたが。
他にも異名はたくさんあります。
いくつかピックアップしてみましたよ。

次の言葉は何の異名でしょうか


1.太公望

2.白波

3.月下氷人

4.蔵六

5.烏鷺

6.十三里



先に答えです。
1.釣り人  2.泥棒  3.仲人  4.亀
5.囲碁   6.さつまいも
-----------------------------------------------------------------------
ほとんどが中国の故事や伝承から生まれた言葉のようです。

2.後漢書霊帝紀に見える、黄巾の賊の残党で西河の白波谷に籠って掠奪をした「白波賊」の、「白波(はくは)」を訓読していう。(広辞苑)
4.亀は「4本の足と頭と尾の六つを甲の内に隠す」ところに由来します。
6.「九里(栗)より(四里)美味い十三里」(9+4=13)

あとは、、、すごく長くなるので端折りました。すまぬ。

異名は、由来を知るととても楽しいものです。漢検の勉強は丸暗記が殆どですけど、字や熟語の由来を調べてみるととても楽しく勉強できると思います。

スポンサーサイト

いくら茄子が好きだからと言っても。

 2008-08-26
以前、「先祖の屋敷を茄子畑」という故事が意味不明、という記事を書きましたが、本日、バッチリ理解することができました。
意味は、「先祖から何代も続いた家がつぶれて広い屋敷の跡がナス畑に姿を変えること」イコール「子孫が財産をすっかり失うこと」である、と。

なるほど。
「先祖の屋敷」は非常に貴重なものの例えで、「茄子畑」はそれと対になるものですね。

先祖の屋敷は例えですが、私も人から引き継いだものをその時の軽い判断で台無しにしてしまったことがあります。一度価値を下げてしまうと、それを挽回して世間に示しなおすことはとても難しいことです。反省しきり。
漢検に登場する熟語や故事成語は、漢検以外じゃどこにも見当たらないものがたくさんあって。まさに「漢検用の漢字」が多いです。故事も古すぎてどのデータバンクにも見当たらなかったり。ま、漢字が書ければ良いだけといえばそれまでなんですが。
やはり意味も知っておきたいですよね。

(★Sさまありがとうございました。)


HOMEに戻る

漢検準1級 糟糠の妻は堂より下さず。

 2008-08-14
糟糠(そうこう)の妻は堂より下さず。

よく、「糟糠の妻」という言葉を聞いたことはありませんか。
いい言葉ですね。いちばん好きな故事成語です。

「糟糠」とは、「糟」=かす+「糠」=ぬかで"粗食"を意味します。
この故事の意味は、「貧しい生活で苦労をともにしてきた妻は、夫が立身出世した後も大切に扱って家を追い出したりはしない。」ということを言っています。

夫婦以外でも、仕事や部活でも苦しい時期を一緒に耐えてきた者同志には、かたい絆が生まれますね。成功した後も「おごらず」に、仲間を思いやる気持ちを忘れずにいましょう、ということだと思います。


---------------------------------------------------------

お盆です。
帰省したり旅行に行ったりしてのんびり過ごしている方も多いのではないでしょうか。
明日15日は終戦記念日。毎年、総理大臣の靖国参拝議論が活発になる時期ですが、福田首相は明日の参拝はないそうです。
というかオリンピックニュースが大盛り上がりであまり話題になってないですね。


HOMEに戻る

猿に烏帽子。

 2008-08-12
休日は家でネットを楽しんでただけなのに、翌日全然疲れが取れていない、ということはありませんか?パソコン作業時間が長くなると、同じ睡眠時間でも疲れが取れにくくなるそうです。
私がまさにそれでして。
PCで仕事をしており、寝る1分前までPCにかじりついてます。
眠くて眠くて・・・ダメダコリャ。
対策としては、遅くも寝る1時間前までにはPCをオフにしましょう、とのことでした。


猿に烏帽子(えぼし)

故事成語です。
意味は「見かけだけで中身が伴わないことのたとえ。サルに烏帽子をかぶせても、サルが貴人になるわけではない。」
そもそも烏帽子とは、よく神職がかぶっている黒い帽子です。「昔、元服(成人式のようなもの)した男子の用いた帽子の一種」とのこと。大人のしるし、といったところでしょうか。


---------------------------------------------------------
 10画
【音】ウ、オ
【訓】からず、いずく(んぞ)


HOMEに戻る

黒いカラスと白い鷺。

 2008-08-06
何度も言いますが、夏休みですね。
天気も良くてイベントも多い中、受験や漢検の勉強をしている方、素晴らしいです。いまの努力はきっと実になります。がんばってください。
私は高3の夏に、苦手だった国語を捨てまして。
その代わり本をたくさん読むようにしたら、休み明けのテストで順位が60位も上がりました。
読書ってすごい。
漢検対策なら、ちょっと古めか硬派な本がおすすめです。


今日も過去問からです。

次のカタカナ部分を漢字で書いてください。
※平成15年度第1回(故事・諺)より抜粋

1.朝菌はカイサクを知らず。

2.シャベる者は半人足。

3.正直貧乏 横着エイヨウ

4.香の下 必ず死魚有り。

5.ウロの争い。



-------------------------------------------------
答え
1.晦朔  2.喋  3.栄耀(曜)  4.餌  5.烏鷺


「烏鷺の争い」とは、囲碁で勝負を争うことをいいます。
黒い石をカラスに、白い石を鷺に見立てた言葉です。

HOMEに戻る


身から出た錆。

 2008-07-28
こんにちは。我が家はまだブラウン管テレビの三蔵です。

問題です。
アナログテレビ放送は(   )年(   )月(   )日までに終了し、
デジタルテレビ放送に移行する。
(答えは下です)


身から出た(さび)

正直言って、中崎タツヤの漫画「身から出た鯖(さば)」のことしか連想しません。
ついでに、「鯖」も準1級範囲だったような。
意味は、「自分自身で犯した悪行が原因で、自ら苦しむこと」
類語として、「自業自得」「因果応報」が挙げられます。
※平成20年度6月度検定にて出題されました。

----------------------------------------------------------
 16画
【音】ショウ・セイ
【訓】さび・さび(る)

----------------------------------------------------------
問題のこたえ:2011年7月24日

HOMEに戻る

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
漢字学習に役立つサイト
リンク!
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。